スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事生還!
予定より一日遅れで、なんとか退院できました。
手術自体は大きいものではなかったのですが、ハプニング続きで大変でした。。。

月曜日の手術の日。
手術終了後、回復室で簡単な麻酔医との会話。
「痛い?」と聞かれ、「はい、痛いです。」と答えるとつながれていた点滴になにやら薬を投入。その瞬間、体がふわっと浮き上がった感じがしました。
その数分後に、私の担当の科の看護婦さんが迎えに来てくれたのですが、私はぼんやり。。。部屋に戻されて数分後から体全体が痒くて痒くてたまらない。看護婦にそう告げると、今度は別の薬を飲まされて、痒みは収まったけれども、頭痛がひどい。

それから6時間後、一度も尿意をもよおさず、けれども、看護婦さんたちにトイレに行きなさい!と言われるが、1人の力で立ち上がれない!
おトイレに行っても出てこない。超音波で確認すると、尿は保っている模様。
おかしいと言うことで、麻酔医に確認すると私の身長を確かめず(150CM弱)180CM分のモルヒネを与えたとのこと!

どうりで、体が浮いたわけです。

その翌日、少しずつ、麻酔も和らぎ退院(火曜日)の予定なのですが、頭痛がひどくてひどくて、起き上がれない。
担当医やいろんな看護婦さんに伝えても「食べてないからだ!」といわれ、8時間ぐらい放置される。この間、体温検査も血圧も測定しない。

「これなら、家に帰りたい。その前にもう一度だけ体温だけでも測ってくれませんか」と頼むと39度の熱が!急遽、抗生物質などを処方される。(日本だったら始めから、手術の後は処方されますよね。。。)

そんなわけで、日帰り手術が3日間の滞在になりました。福祉の国、スウェーデンというのは、どこにあるのだろうか。。。
それは料金。今回の手術、入院費などは無料です。食事代として一日1500円を納めるぐらい。

ありがたいことだけれど、きちんとした治療を受けたいものです。
今回の手術、結局最初の予定通りにいかず、結局切り取る予定だったもの、まだ私の体に残っているとのこと。

なんだかなあ、という感じです。。。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1

スポンサーサイト
スウェーデンでの手術の受け方
今日は月曜日に手術を受けるので、その前の説明を受けるため半日病院にいってきました。大きな手術ではないので、本来は日帰りでよいそうですが、手術後24時間は何かあったときのために基本的に成人(20歳以上)と過ごさなければならず、私のように1人ですと、一泊の入院が許可されるそうです。

一応、全身麻酔ですし、やっぱり一日ぐらいは病院にいたくありませんか?
スウェーデンは出産のときも、当日自宅に戻されます。これは医療関係の人手不足が大きく関係しているようです。

一年半ぐらい前だったか、10代の女の子が病院で中絶手術を受け、その当日、自宅に戻されました。術後の様態確認のためのアポイントに彼女が現れず、看護婦が連絡をとってもつながらず、自宅に確認に言ったところ、出血多量でなくなっていたそうです。

福祉の国といわれ、いろんな人からいいわねえ、などといわれますが、スウェーデンの現実は、日本のものより恐ろしいと、私は感じています。
Sophia Hemmet Ogon
今日は、一年に一度の眼科検査の日。

前にも書きましたが、ここの病院は調度品がとてもセンスがいいのです。また、ところどころに飾られているアートも素敵。

ストックホルム在住のアーティストが作成した、ガラスのオブジェ。
いい感じ!



DSC01859.jpg


blog ranking1

Sophiahemmet
今日は仕事がない日。そんな日には普段できないことをこなさなければなりません。私の職業柄、授業のある日には、やはり病院のアポイントメントは避けなければなりません。

福祉の国!と思われているスウェーデンですが、専門医に診察してもらえるまで3ヶ月から6ヶ月待つのは当たり前。日本ではちょっと考えられないですよね。その間に

[READ MORE...]
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。