スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winter time
今日から冬時間。一時間遅れるので、日本との時差は8時間になりました。

日が短くなると同時に寒さも増していきます。

寒いのは我慢できるけれど、暗さは辛い。。。
朝の6時に起きて、仕事へと向かう7時ごろも真っ暗闇です。

でも、キャンドルをともして、幻想的な感じになるのも素敵なものです。日々を忙しく過ごしていれば、意外に鬱にならずに済むものです。

ストックホルムに引っ越してくる前は、地中海のある国に駐在していました。そこでは冬でも暖かくて、東京で着ていた秋物のコートでさえ、真冬でも必要なし。それはそれで寂しかった。季節の移り変わりって、とても美しいと思うんです。自然の暖かさ、厳しさを知ってこそ、感謝もできると思うのです。
そういった意味では、スウェーデンの自然の移り変わり、私は好きです。

でも、やっぱり日本の自然の方が私には合っているかもしれません。山があり、川があり、太平洋の大きな海原。自然の強さをもっと感じられるのは、日本。実際に国土を覆う森林の割合は意外にもスウェーデンより日本の方が大きいんですよ。
スウェーデンはどこに行っても森と湖、と言った感じが、旅行などに行っても何時間も同じ景色なので、ちょっぴり飽きてしまいます。



ここでは、もうダウンジャケットが必要です。。。

blog ranking1


スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
外国での暮らし方
海外に駐在員や留学と言う形ではなく、生活基盤を移してそこに住み続けていくというのは、簡単なものではありません。

その場所に根を下ろし、そこでの社会に溶け込んでいかなければならない。これは、想像以上に大変なものですよね。

自分の日本人としてのアイデンティをどのように保ち続けていくのか。。。私は時々、考え込みます。

移民としてスウェーデン語を学んでいたときは、あまり深く考えていなかったかもしれません。現在、大学、職場とスウェーデン人たちに囲まれて暮らしていると、ふと不安に駆り立てられます。

言葉の問題、生活習慣の違い、社会的な違い。。。
これが、日本人同士だったら分かり合えることが、大部分をしめるのでしょうが、やはりそれぞれの異なったバックグラウンドを持っている外国人同士が交流していく上で、摩擦を引き起こします。

郷に入れば郷に従え、といいますが、どこまでそれを受け入れ、また自分を確固として保っていくのかということ。

これは容易いものではないですよね。
テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
Hennes och Mauritz
日本ではまだ、販売されていないスウェーデン発のブランド、HM。大学のマーケティングの企業研究セミナーのときに、取り上げられました。

実は、それまで一度もお店に入ったことがなかったのです。。。HM1.jpg

[READ MORE...]
アパートの買い方
アパートや家を購入するにあたって、いくつか日本とは違う点があります。
ここでは、インターネットで販売される物件を地域、金額、広さなどを選択し、そこから詳しい住所、写真を個別の物件ごとに手に入れることができます。新築などの物件がいい場合もしかり。

各物件を気に入って、実際に見てみたいなと思ったら、内覧会に赴きます。時間が決まっていてその時間内に現地に赴き、不動産屋から物件に対しての詳しい説明を直接聞くことができます。

そこで、気に入った物件なら自分の連絡先を不動産屋に渡します。ここで、日本との違いが一つ。その物件のオーナーは内覧会にはいません。匿名なのです。

[READ MORE...]
テーマ:海外生活
ジャンル:海外情報
職場での出来事
今日はスウェーデンだなあ、とつくづく思う出来事がありました。
職場の同僚、男性二人が母乳について、熱く語り合うこと、一時間。

[READ MORE...]
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
Stockholm Outlet
今日はストックホルム郊外にあるアウトレットにお買い物に行きました。一年半ぶりだったので、無くなってしまったお店がたくさんあったり、新しく開店しているお店があったりと、また新たな発見がありました。

今回の目的は
[READ MORE...]
テーマ:ヨーロッパ
ジャンル:海外情報
母国語教育
私が担当させていただいている仕事の中に、継承言語としての母国語教育があります。
この制度はスウェーデンに住むスウェーデン語を母国語としない子供たち、移民の子供たちが自分の母国語を学べると言う制度。

日本語の場合は難民としてスウェーデンに来たという人が皆無に等しいので、この制度は母国語をブラッシュアップするといった目的に近いです。反対に難民などでここに住み始めた子供たちについては、スウェーデン語での授業についていけないため、この制度を利用しスウェーデン語と母国語の説明などを母国語教師から受けることが出来ます。

母国語教育を申し込み参加する場合、基本的に家庭で毎日その母国語を使用していることが必須条件。

[READ MORE...]
テーマ:自分の考え、想い。
ジャンル:日記
Sophiahemmet
今日は仕事がない日。そんな日には普段できないことをこなさなければなりません。私の職業柄、授業のある日には、やはり病院のアポイントメントは避けなければなりません。

福祉の国!と思われているスウェーデンですが、専門医に診察してもらえるまで3ヶ月から6ヶ月待つのは当たり前。日本ではちょっと考えられないですよね。その間に

[READ MORE...]
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
仕事3
今日は授業ではなく、Utvecklingssamtal、日本語で言うと個人面談、保護者面談というのでしょうか。8月から授業が始まり、この2ヶ月間の生徒たちの授業の理解度、取り組み、改善点などを話し合うものです。
各担当教科の教師が生徒一人一人のコメントを担任教師に文章で渡します。
[READ MORE...]
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
仕事2
さきほど、帰宅しました。今日は丸一日、授業をこなす日。2つの学校を掛け持ちしています。
[READ MORE...]
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
仕事1
今日は私の仕事について。

私は教師です。なので、たくさんの人たちと出会う機会がたくさんあります。そういった意味では恵まれている、と思っています。また、こちらにきてからすぐに仕事を得られたことも。

ここでは英語でコミュニケーションが取れ、またそれだけの実績が過去にあれば意外と仕事が見つかるものです。

もちろん、ス語が必須であることには違いがないのでしょうが、現に私の知り合いの方々も英語だけでここでの就職活動を成功させた人たちがたくさんいます。

結局は今まで自分が学んできたこと、仕事で培ってきたものを生かす機会があるということです。

移民者にも門戸を広げてくれる職場に感謝!

さて、もうひとつの私の仕事。。。
[READ MORE...]
テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
大学1
私は現在、ストックホルム大学で経営学を一から勉強しています。ストックホルムに来てからスウェーデン語を勉強し(それまではス語の知識皆無)、一年半をかけSFIという、移民者の超初級コースから高校卒業程度のコースであるSASBを終了しました。

[READ MORE...]
テーマ:勉強法
ジャンル:学校・教育
Trevligt att träffas!
初めまして!海外生活を始めて早7年。現在は北欧のスウェーデン、ストックホルムに住んでいます。
textile messa

[READ MORE...]
テーマ:北欧
ジャンル:海外情報
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。