スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人とのブランチ
今日は、一年ぶりに私の大好きなレストランのひとつである、Kallahagenに友人とブランチに行ってきました。11時半から4時までなのですが、しっかり最初から最後まで食べ続けました!
お飲み物は別料金なのですが、お食事、デザート、食後の紅茶などで、245Kr.日本円で3700円ぐらいでしょうか。お飲み物とチップをつけても320Krぐらいですからレストランが得てして高いストックではかなりお得です。
Djurgardenと呼ばれるストックホルム市内の島の中の一つにあって、夏ではテラスでお食事をいただくことも。またボートで乗りつける人たちもたくさんいます。

残念ながら写真がありません。なぜならカメラが壊れてしまい保証書が見つからない!Dubaiの空港で購入したから問題は無いと思うのだけれど。。。
とってもとっても素敵なレストランなので、是非お試しを!デザートのパンナコッタとても美味でした。。。
http://www.kallhagen.se/

そうそう帰りのバスの中で偶然、以前担当させていただいた生徒とご父兄に遭遇して驚き!ストックホルムは小さいのでよく、偶然知り合いに会うということが頻繁に起きます。もうすぐ、アムステルダムに引っ越してしまうとのことで、ちょっぴり残念ですが、遊びに行かせていただこうかな、特別ケーキとクッキーを喫茶店に食しに!

そう、世界はつながっているのです。このお母様は本当に素敵な女性。自分で会社を立ち上げたといっていました。私はこういう生き生きとした人たちが大好きです。不平不満をいい続けても、そこからは何も生まれません。もちろん、愚痴を言うこともいいことですが。毎日毎日そうやって同じことを繰り返し、生きている張り合いがあるのでしょうか。

私が基本として考えていることは、他人の詮索を周りの人たちを利用してしないこと。この覗き趣味みたいなことって、背筋がぞっとします。質問があるのなら、直接すればいいのですから。まあ、そういう人たちは所詮そういうタイプの方としかつきあえないんでしょうが、それらの労力を他につぎ込めば、もっと素敵な生き方、人との出会いなどが増えていくと思います。また、類は友を呼びますので同じような考えや生き方をしている人たちと付き合っていけばいいのです。私はいつも友人に恵まれています。利用されてその後何の連絡も無いような失礼な人たちとも何人かここ、ストックで出会いましたが所詮そういう類の人とは友人にはなれないので、傷つけられても気にしないようにしています。

このお母様とは、長くお付き合いしたいと思っていたので本当に嬉しい。やっぱり家に閉じこもっているだけではいけませんね。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1
スポンサーサイト
ビビンパランチ
昨日は「すし膳」でのランチ、今日のお昼は、私のお気に入り韓国料理屋さんでのビビンパでした。
本当は石焼がお気に入りなのですが、ストックでは見かけません。悲しい。。。赤坂にはたくさんの韓国料理屋さんがあったのでランチや仕事の帰りに友人たちといったり、ちょっと高級なところには上司に連れて行ってもらっていました。(ちゃっかりもの!)

さてさて、ストックでは4件の韓国レストランがあるといわれていますが、私のお気に入りは、アリランとコリアナです。
アリランはランチだと少しお安くなっていますし、大盛りにもできます。はい、私はいつも大盛り!(笑)
夜はちょっとお高めです。
それに引き換え、コリアナはお昼も夜も同じメニューですので、夕食をいただくときはお得感があります。夜も仕事の帰りなどにさくっと立ち寄って、おいしくてお安いビビンパをいただくことができます。

日本の韓国レストランやソウル本場のレストランとは比べ物にはならないけれど、得てしてあまりおいしくないストックのアジア料理のなかでは行けていますよ!

アリラン Arirang, Koreansk Restaurang
Luntmakarg. 65, 11358 STOCKHOLM, Tel. 08-673 32 25
http://www.arirang.se/arirang/index.html

コリアナ Koreana Luntmakargatan 76 08-15 77 08
http://www.veganstockholm.se/lang_swe/eat.php?mode=seeOne&id=17


ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1

スポーツロブの間の仕事
来週、ストックホルム近郊の学校はスポーツロブといって、お休みになります。講師の私たちはもちろん仕事があります。
前回の秋休みから続いている課題、「BetygBedoming」「成績のつけかた」の大詰めです。ここでの成績はIG, G,VG,MVGと4段階あり、日本で言う不可、可、良、最良といった感じです。基本的な概念はここにあるSkolverketという学校を統括している組織からガイドラインが出ているのですが、実際のところ、各学校によってかなりの違いがあることは、否めません。

私が勤務している学校は割合優秀な方ですので、かなり厳しく成績をつけています。というのも、高校を卒業した後の進路先での評判もありますから。私が担当していた生徒たちのほとんどは、日本語以外の科目でもMVGを取っている生徒たちが大多数で、進路先もスウェーデンで難しいと言われる大学へと進学していっている生徒がほとんどです。

もし、この成績を甘くつけ、大学へと送り込んだ場合、結局生徒たちは授業についていけず、退学するものも出てしまいます。そうなると、私たちの高校の評判も悪くなってしまいます。

私自身、Komvuxで勉強していたとき、よくクラスメートが先生に成績をあげてくれるように要求していました。けれども、そんなことを実際に行う講師はいません。(私の知らないところではいるかもしれませんが)。
そこで、偽りの成績をもらったところで、結局は後で自分に付けが回ってくるのでしょうから。

私はSASAではMVGを取れましたが、SASBではVGでした。テストの結果はほとんどMVGでしたが、担当の先生から「発音ができていないからMVGは残念だけれどあげられない」と言われたとき、仕方ないと思いました。成績をつけるときは全てをトータルとしてみなくていけないので、私はそのままVGをもらいました。

けれども、今自分自身が講師として働いていると、色々な生徒に出会います。Dyslexiだから、成績をあげろと無理な要求をKomvuxの生徒から言われ、拒否するとStockholm市の教育委員会のTopに連絡されたりもしました。そう、スウェーデンではいったものがちなのです。でも、その生徒は結局、追試を受けず、またDyslexiというのも偽りでした。

そう、最後には正義が勝つのです(笑)

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1


ブログのあり方
ブログについて、みなさんはどうお考えですか。
私はこのブログを始めてから、知り合えた方たちがたくさんでき、また良い刺激を受けられることによって、自分自身、本当に楽しんできました。また、日本にいる友人たちにも私の近況を読んでもらえる事で、少しでもメールだけではうまく伝わらない私のストックでの生活を楽しんでもらいたいと思ってきました。

ブログをただ読み過ごしていっていただくのは、構いません。ただブログの内容を通して、これはあの人に違いない、などと詮索されるというのは、あまり気分がいいものではありませせんし、悲しくなります。別に悪いことを書いているわけではありませんが、影でいろいろ言われているのかと思うと、ぞっとします。それも他人を使って調べ上げようなどという。。。

人それぞれ、生き方も考え方も異なり、そうであるからこそ、社会が成り立っているのでしょうが、影でこそこそされるよりは、直接コンタクトを取ってもらえる方が、私は嬉しいです。もし、本当に心配してくださっている方たちがいるのでしたら、ありがたいですし感謝いたします。でも、興味本位で他人のことを詮索しているのでしたら、そのことがどれだけ相手を傷つけているのか、ということに気づいていただけたら、と願います。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1


仕事復帰第一日目
今日からお仕事再開です。
やっぱり久しぶりに、職場に戻ると言うのはいい感じ。
自分の居場所があるというのは嬉しいものです。

また、ヨガのコースもはじめて参加しました。
本当は2週間前から始まっていたのだけれど、入院などで
行けなかったので。。。

DVDなどで密かに1人でヨガは前からやっていたのですが、
やっぱりきちんとコースを取るのっていいですね。

最後のリラックスタイムでは、半分寝てしまいました。。。(笑)

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1

嬉しい!
職場の仲間からお花が届けられました!とても嬉しいです。
お花ってこころを和ませてくれますよね。。。

日本にいるときは一応、「いけばな」を習っておりました。先生がとても良い方で、楽しかったのですが、移動で忙しい部署へと移ってしまったため、続けられませんでした。。。

母も妹も「いけばな」をしていましたが、「池坊」。私は「古流」を取りました。「草月」は職場から近かったけれど、あの斬新さに私はちょっと。。。海外では「草月」人気がありますよね。ここストックでも「草月」は人気が高いようです。

そうそう、送っていただいたお花、菊、小菊、バラ、ガーベラ、南天、葉ものと盛りだくさんでした。(笑)スウェーデンのお花屋さん、あまりセンスありません。。。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1




blommor


ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1


病欠
スウェーデンの法律では、Sjukskrivning(病欠)が保障されています。
風邪などでも、適用され有給休暇を使う必要がありません。病気になった初日は「カレンスダグ」と呼ばれ、無給なのですが、その後6日間は医者の診断書がなくても80%のお給料が支払われます。

この一週間を過ぎると診断書が必要になります。

日本で勤務していたときの就業規則によると、病欠は6ヶ月間100%のお給料が支払われていました。その後、80%で半年間など。
そう考えると、スウェーデンの福祉、それほど素晴らしくないんじゃないかな、と感じます。

私は今回、10日間の診断ですが、とても元気なので仕事に復帰を早めにしようと思っていますが、その話をすると、スウェーデン人の大半の人に驚かれてしまいます。
「Sjukskrivning」はExtraの有給休暇なのだから、ゆっくりしたほうがいいよ!とのこと。

でも、退屈です。。。

このときとばかりに、大学の勉強に集中すればよいのだろうけど、なぜかだらけてネットサーフィン三昧。

新しいランプが欲しいなあ、と思って見ていたら、以前私が使用していたものが、日本のサイトに載っていました!驚きです。

ドイツのデザインと機能性は、スウェーデンでも結構人気があるんですよ。



無事生還!
予定より一日遅れで、なんとか退院できました。
手術自体は大きいものではなかったのですが、ハプニング続きで大変でした。。。

月曜日の手術の日。
手術終了後、回復室で簡単な麻酔医との会話。
「痛い?」と聞かれ、「はい、痛いです。」と答えるとつながれていた点滴になにやら薬を投入。その瞬間、体がふわっと浮き上がった感じがしました。
その数分後に、私の担当の科の看護婦さんが迎えに来てくれたのですが、私はぼんやり。。。部屋に戻されて数分後から体全体が痒くて痒くてたまらない。看護婦にそう告げると、今度は別の薬を飲まされて、痒みは収まったけれども、頭痛がひどい。

それから6時間後、一度も尿意をもよおさず、けれども、看護婦さんたちにトイレに行きなさい!と言われるが、1人の力で立ち上がれない!
おトイレに行っても出てこない。超音波で確認すると、尿は保っている模様。
おかしいと言うことで、麻酔医に確認すると私の身長を確かめず(150CM弱)180CM分のモルヒネを与えたとのこと!

どうりで、体が浮いたわけです。

その翌日、少しずつ、麻酔も和らぎ退院(火曜日)の予定なのですが、頭痛がひどくてひどくて、起き上がれない。
担当医やいろんな看護婦さんに伝えても「食べてないからだ!」といわれ、8時間ぐらい放置される。この間、体温検査も血圧も測定しない。

「これなら、家に帰りたい。その前にもう一度だけ体温だけでも測ってくれませんか」と頼むと39度の熱が!急遽、抗生物質などを処方される。(日本だったら始めから、手術の後は処方されますよね。。。)

そんなわけで、日帰り手術が3日間の滞在になりました。福祉の国、スウェーデンというのは、どこにあるのだろうか。。。
それは料金。今回の手術、入院費などは無料です。食事代として一日1500円を納めるぐらい。

ありがたいことだけれど、きちんとした治療を受けたいものです。
今回の手術、結局最初の予定通りにいかず、結局切り取る予定だったもの、まだ私の体に残っているとのこと。

なんだかなあ、という感じです。。。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。