スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Filmdagar
先週1週間は本当に忙しかったです・・・
日本大使館から手紙をいただき、日本映画を上映するとのこと。
こういった機会は、生徒たちにアニメ、漫画だけではない「日本」を少しでも知ってもらういい機会になります。
なので、社会科見学?のようにして生徒たちを「映画」に連れて行きました。
一本目は「神風タクシー」
少し昔の映画ですが、なかなか面白かったです。ただ、日本語表現がかなりお下劣。授業ではそのような差別用語などは教授していないので、逆に生徒たちで盛り上がっていました・・・
二本目は「初恋」
これは男子生徒たちは全く興味を示さず、女子生徒たちといってきましたが、彼女たちはかなり気に入ってくれたようです。このお話を見て、わたしも生前に父や母の初恋の話を聞いてみたかったな、とかなり後悔。なんとなく涙が溢れてきました・・・
父や母にももちろん、青春(古い言葉すぎ?)があっただろうに、そのことを子供は気づかないと言うか、気づいてあげたく無いというか・・・

母は53歳で他界し、父は66歳で他界しました・・・
何も親孝行が出来なかったこと、話も聞いてあげられなかったこと、後悔しきりです・・・




スポンサーサイト
お寿司の食べ放題
今日はお友達とお寿司の食べ放題に行ってきました。
場所はストックホルム中央駅のすぐ近く。
お値段は160クローネで「いくら」もありました。ただ残念なことに「まぐろ」がなかったんです・・・
結構おいしかったのですが、「いくらの軍艦巻き」がおにぎりのようでした。私は全部で20個ぐらい食べたでしょうか。はい、私大食いです。(笑)アイスクリームもついていましたよ。
でも・・・お勧めレストランのカテゴリーには入れられないかな。

食べ放題で思い出したんですが、昔若かりしころよく「合コン」なるものに、いっていました。そんな中で一度どうしても気乗りのしない(生意気ですよね・・・)ときがあって、なんと場所を銀座の「しゃぶ通」に私が指定。そう、しゃぶしゃぶの食べ放題です。私と友人は気が狂ったように食べました・・・今考えると失礼極まりない・・・


写真はクララ教会の前にあった銅像。有名人なのかどうか分からないんですが、なぜか葉巻を銜えていました・・・






tabako

icebar in Stockholm

isbar1

isbar2

今日はストックホルム市内のホテルにあるアイスバーに行ってきました。予約をしないと入場が出来ない人気のあるバーです。
売り物はなんといっても、全てが氷でできていること。
バーカウンター、グラス、ソファー、バーの壁などなど・・・
スウェーデンの北部にある冬限定アイスホテルの人気が高まったことに、それならストックホルムでもこの体験を身近に知ってもらおうと始まったものです。
スウェーデンに来た初めの年、2002年にできていたことはしっていたのですが、今まで行かずじまい。
今日は日本からビジネスで来られている方たちとご一緒させてもらいました。
入場料は日本円にして1700円弱。この金額にはアルコール一杯分も含まれています。私は今日はジュースで。

ソファーの上にはトナカイの毛皮が敷かれていましたが冷たかったです・・・
Roppongi
今日は野暮用で、お昼からの出勤。
職場に行く前に昼食を家の近所で取ることに決定し、日本食レストラン六本木へ。

てんぷら丼です。天丼ではありません。つゆはかけられていなくて、自分でかけるか、てんぷらをつけていただきます。
実は、何年か前に同じ系列のレストランで天丼を注文したときに、たれがあまりにも多くて、お味噌汁状態になっていたので、悪いかなと思いつつ、取り替えてもらったことがあるんです・・・

それからかどうかはわかりませんが、このレストランでは基本的にたれはかけられずにお好みで、となっているようです。これで安心


tendon

氷の上を歩く!
gå på is


最近、ストックホルムはマイナス温度続き。
そんな中、湖が凍りだしてその上を歩くことが可能になります。
初めは恐る恐るでしたが、だんだん慣れてきました。
今日はスケートを楽しんでいるひとたちを発見。
向こう岸に見えるのはストックホルムの下町、ソーデルマルム。
でも、今年はあちら側に歩いてわたってはいけません。
なぜなら船が往航しているので、真ん中あたりは氷が砕かれてしまっているのです・・・
残念。
弓道
今日はストックホルム市内にある弓道に見学に行ってきました!
弓道は私が通っていた高校に部活があり、入りたいなあともたもたしている間に定員に達してしまい諦めたという歴史が・・・
でも、そのおかげで演劇部を続ける決心がつき、大会出場することもできたので、結果オーライだったのですが、私の中に眠っていた弓道の熱がメラメラと膨れ上がってきたのです。

想像していたより、ずっと厳しい内容だし、力のない私には難しいかもしれませんが、続けてみようかなと思っています。

来週のお稽古のとき、写真をとってもいいか確認してブログにアップできればいいな。
スウェーデンはサービス後進国
郵便物の件なのですが・・・
友人から送ってもらったEMS。これは一番高い値段で、家に直接配達をしてもらえるものです。他の航空便、船便などは自分で郵便局まで採りに行かなければいけないのです。
日本みたいにサービスが発展していないのです。

けれども、EMSでもスウェーデンのいい加減さは炸裂。
日本からストックホルムまで2日から3日しかかからないのに、ストックホルムに荷物が届いてから最低3日から5日は荷物を受け取るまで掛かってしまう。電話番号が送り状に記載されているので、電話を私にかけてアパートについているドアコードを聞けばよいのに、その業務を怠る。それで、「連絡が取れなかった」とのたまい、結局私が郵便局にまで取りにいかなければならない。これって、いい加減ですよね。

中東に住んでいたときだって、EMSに関しては本当に迅速だったのに・・・

このサービスの悪さは、郵便に限ったことだけではありません。
スーパーなどでも賞味期限が切れている商品が普通に陳列されている。
もちろん、スウェーデン人経営ですよ。かえって移民の人たちが経営している小さいスーパーの方が、値段は若干高くても、賞味期限が切れているなどと言うことは今までなかったです。

病院のサービスも最低だし・・・また、この件についてはゆっくりと書いていきたいと思いますが。

おいしいケーキ
今日はどんより曇り空。吹き付けてくる風も冷たい・・・
そんな日はおいしいショコラ。

家から徒歩で10分足らずにあるカフェ。
ここのデザートは甘すぎず繊細な味でお気に入りです。

今日いただいたのは、セムラのショコラバージョンとチョコレートムースのカシスソース入り。
2つともとっても美味しかったです。

XOKOhttp://www.xoko.se/

Cake

.jpg" alt="Cake" border="0">

Cirkus
昨日は久しぶりにお芝居にいってきました。
場所はDjurgardenにある「Cirkus」。
題目は「Elvis」そう、エルビス・プレスリー。
でも、このお芝居が注目されていたのは、出演者の半数が知能障害者ということだったのです。
昨日の公演はスポンサーである会社の社員が主であって、観客同牛もなんだかアットホームでした。

このお芝居は、前評判が高く、またレビューなども大変良かったので、私はこの機会に恵まれてラッキーでした。

知能障害者の彼ら。けれども彼らの演技は素晴らしく、歌などの歌唱力も見事でした。ときどき、ちょっと忘れてしまったりしていたみたいだけれど、健常者の役者などのフォローアップなどでそれを感じさせないものでした。


elvis1

elvis2


最後のカーテンコールなど拍手喝さいがやまず、何度も何度も彼らの姿を見ることが出来、久しぶりに心温まりました・・・

その後、ボートでガムラスタン(OldTown)に行き、お食事しました。

elvis dinner


1人は500Gのステーキ。お値段350Kr
elvis dinner1


後の2人は250Gのフィレステーキとロブスターのセット。250Kr

私はシーフードの盛り合わせ。ロブスターに車えびに、サーモンにスウェーデンでの高級魚と言われているMarluk。300Kr
elvis dinner2


デザートはホットスィートフルーツサラダ。これはエキゾチックフルーツサラダの中にチリペッパーが細かく刻まれていて本当に辛かったです・・・80Kr






semura
クリスマスが終わって年があけると売り出され始めるセムラ。
伝統的に言うと本来は2月から4月のイースターまでしか食べられていなかったようですが、最近では一年を通してみかけることも・・・
段々季節感がなくなってしまっているようです、ストックホルムでも。

写真のセムラはオステルマルムのカフェで。ここのカフェは買い物のついでや王立図書館からの息抜きに寄るのにちょうど良いんです。
名前は覚えられないのですが、Biblotekgatanにあります。

セムラは見た目はシュークリームに似ていますが、全く違うもので、生地はパンで甘くないホイップクリームとアーモンドペイストが中に詰められています。これはこれで美味しいのですが、私はシュークリームの方が断然好きです。ストックホルムでは今のところシュークリームを見かけたことがありません。あー食べたい・・・semura

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。