スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデン人って・・・5
今日、仕事のメールを確認していたら、同僚からのメールに
「E君のお母さんから学校に電話が来ていて、携帯に至急連絡をください、とのことだからよろしくね」と。
E君は私の授業を選択していて、大人しいけれどよくできる生徒の一人。
クラス副担任でもないし、先日の父母面談の時の日本語教科評価も、問題なしとしたのに・・・と色々考えながら、彼の資料を集め、忙しい中、電話をかけました・・・

「こんにちは。Anikaですが、E君のお母さんですか」
「お電話ありがとうございます。」
「いいえ。ところで、E君の件で至急の件と聞いたのですが、どのようなことでしょうか。E君は、優秀で・・・」
「いいえ、Eのことではないんです。」
「と、いいますと・・・」
「実は、Eの姉が日本人と来年結婚するのですが、先生に是非、通訳をしていただきたいのです」
「???」
「Eも先生はとても親切だと言っていますし・・・結婚式は日曜日ですから、学校もありませんでしょ」
「・・・・・」
「先生?」
(ここで、気づいて欲しい・・・私にとっては休日で、それに授業以外でなぜ、働かなくてはいけないんだ・・・やっとの思いで)
「最近、自分の会社を興したので、請求書を後でお送りできるとは思いますが、その日は都合が悪いので、別の通訳の専門会社を紹介しましょうか」
今度は相手が
「・・・」
そうなんです。スウェーデン人の父兄の中には、大きな勘違いをしている方たちがたくさんいるんです。
彼女は私がもちろん、無料で手伝ってくれると思っていたのです・・・
はあ・・・

以前にも別の父兄から、日本にお礼の手紙を書いたので、スウェーデン語から日本語に訳しておいてください!と言われたり・・・おいおい、私の高校での勤務とは全く関係ないんですが・・・

外国に長く住むと、きちんと「NO!」と言える力がつきますが、「NO」と伝えることはあまり気分のいいものではありません、やっぱり日本人だから?・・・なので、どうかどうか、変なお願い事を私にしないでください・・・




スポンサーサイト
stadshuskallaren
先週の土曜日は休日出勤・・・
勤務先の高校のオープンハウスだったのです。
たくさんの中学3年生の学生とご両親の方々とお話しました。
でも、5時間も話し続けていたので、クタクタに。

そんな夜にはちょっとお洒落に、ストックホルム市庁舎内にあるレストランへ。
このレストランでは、ノーベル授賞式での晩餐会に出されるコース料理をいただくことが出来ます。残念なことに昨年度はメインがラム肉(かなり苦手なのです・・・大学生時代は食べられたけれど。)だったので、ノーベルコース料理はお見送り。デザートだけはノーベル賞のものをいただきました。

その後、なぜか市内のクラブにいくはめに・・・
しっかり風邪を引いてしまいました。もっと健康に気を使わないといけませんね。
「褒める」育て方の弊害
スウェーデンの教育方針は「褒める」
これはとても素晴らしいメソッドだし、本当に子供にとって、よりよいと思う・・・
けれども「褒めすぎ」に対しては弊害もあるんです・・・

自分はとても優秀だと思い込んでしまうこと。
成績が悪いのは、教師のせいと思い込み、不平不満を言い続ける・・・
そんな時間があるのだったら、その時間を使って単語や構文を覚えるとかすればいいのに・・・
何でもかんでも、教師のせい・・・
決して自分には非がない。
こんなスウェーデン人の子供ばかりでは、もちろんなくて、コツコツと静かに頑張る子もたくさんいるし、自分が悪いというのを認める子もいます・・・
でも、必ずクラスに2人か3人、この「褒められすぎ」の子達がいて、これがやっかいなんです・・・こんな若いうちから文句ばかり言って、将来社会に出たらどうなるんだろう・・・
世界の大学ランキング
大学の勉強が大変で、毎日へとへとです・・・
昨日は夜中の3時までレポートを書き続け、今朝は7時に起きてまた大学のセミナーへ・・・
一日中大学にいました。
今日、クラスメートから驚く情報を入手!
ストックホルム大学が世界の大学ランキング100位までに入っているらしいのです!
なんとなく、眉唾なのですが・・・東京大学のランクがあんなに低いとは信じられません。
Academic Ranking of World Universitie
レストラン ロット
昨日は授業を行った後、メッセでお仕事・・・
話し続けていたので、知力体力ともに消耗し尽くしてしまいました・・・

なので、家から徒歩10分足らずのレストランへ!
この通りRorstrandsgatanはStockholmのBirkastanにあり、Kungsholmenのレストランより、リーズナブルなレストランがたくさん集まっています!最寄り駅は地下鉄St.EriksplanあるいはPendeltagのKarlberg。

Rott

ワインはシャブリでお値段は日本円にして7000円ほど。私はサーモンフィレで4000円ほどをいただきました。盛り付けもきれいだったし、お味もVeryGood!どうりでたくさんの人が集まっているわけです・・・
これからしばらくは、この通りでのレストラン開拓になりそうです・・・rott

rott1

kallhagen
今日はオーストラリアから出張でストックに来ている友人とブランチ!
まずは彼らの宿泊しているSheratonのお部屋へ・・・
最上階で市庁舎が真向かいの素敵なお部屋

bob



その後レストランへ移動!
このレストランは土日にブランチを行っていてお勧めなのです・・・
Kallhagen

食べるのに夢中で写真をあまり取りませんでした・・・
bob2


bob3


今度はオーストラリアに遊びに行きますね。オーストラリアのお母さんCarol
bob1

日本食買出し
今日はとても寒い一日でした・・・
昨晩、雪が降っていたようです。
stock snow




夜、お友達の誕生日会に呼ばれているので、お花を買うためにHortorgetに行き、その後日本食買出しに


sunai


北欧で唯一の書店 サンアイさん。

J-Popがヨーロッパ中で人気があるようで、ここスウェーデンでも人気沸騰!?生徒たちからいろいろな歌手の名前を言われて?マークの私です・・・
大学の試験
今日はフレックスを使って、一日お休みにして大学の試験を受けてきました。仕事をしながら勉強するのは大変だけれど、やっぱり楽しいŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
高校生のころはなんだか勉強したくなくて、遊んでばかりいて両親には本当に迷惑をかけました・・・
大学受験勉強3ヶ月しかしてないですもん・・・親不孝者

今は学びたい気持ちが強くて、けれども加齢とともに落ちていく記憶力。それでも、一生学んでいく気持ちだけは持ち続けて生きたいです・・・
オーロラの旅 トロムソ
tromso

飛行機の中から取った写真。曇り空でちょっぴり心配・・・

tromso1


tromso7


街の中での風景。こじんまりとした街です。


tromso8

とっても素敵なキャンドルのお店!お勧めです!!!最近移転したようなので注意!LoitenLys


tromso5


ショッピングセンター


tromso4

デザイン性の高い図書館

tromso9

ホテルのお部屋からの景色

オーロラの写真は取れませんでした。ISO400以上にして、露出も30秒あけましたが三脚を持参しなかったので・・・

今回宿泊したスカンディックホテル、オススメできません。オーロラを見るのだけが目的だったら良いでしょうが、写真撮影は周りに明かりがたくさんあるのでとても難しいです・・・

今回たくさんの方たちが日本から見えていましたが、その中で去年スウェーデンのキルナに行かれた方が、そちらのほうがずっと良かったといっていました・・・
2月か3月にキルナに行って見ようかな。
便利になりました・・・
以前は、よく友人に頼んで日本のものを送ってもらっていましたが、とても便利なサイトを発見!

ここはDVDや化粧品など送料無料で海外に送ってくれるのです

トロムソで出会った方たちにもお勧めしました!




雑誌の定期購読もOK!

便利な世の中になりました・・・(遠い目)
オーロラに出会う旅
2泊3日の週末旅行から戻ってきました!
今回は初ノルウェーで、北極圏のトロムソ
ストックホルムからオスロに行き、ノルウェーの国内線に乗り換えでした。普通にチケットを購入すると、日本円で50000円弱だったのですが、今回は期限切れ寸前のSASのマイレージを利用したので、空港税約10000円弱で行くことができました。

2泊という短い滞在でしたが、オーロラに出会うことが出来ました!

1泊目は曇りだったので、寝てしまったのですが、どうもその日も見ることが出来たらしかったようです。
2泊目はとてもいいお天気でしたので、見られるかな?と思ったのですが本当に出会えて感動ですRO–ƒ|ƒŠƒ“
天気予報はずっと曇りだったのですが、晴れ女の私。ラッキーでした!

あいにく三脚をもっていかなかったのでオーロラの写真はありません・・・また、オーロラを見に北極圏に行きます!
でも、次回はトロムソには行かない・・・と思います。こじんまりとした可愛らしい町で、人々も親切だけれど、物価が高すぎて・・・

今回滞在したホテル、スカンデイックにはたくさんの日本人の方たちがツアーで来てらしたので、久しぶりに日本語三昧ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
そこで、皆さんが口を揃えて言うことは、物価が高すぎること・・・
両替をしても、あっという間にノルウェークローナがなくなってしまった方たちが多くて、私は両替商になってしまいました!
いつも、少し多めに両替をしていく性質なので・・・

写真のアップと、たくさんの素敵な方たちに出会えたお話の続きは、また明日・・・

おやすみなさい。
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。