スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊園地再び
4連休の一日、またまた遊園地に行ってきました。
今回はプライベートです。

昼食をガムラスタンでとった後、連絡船に乗船し遊園地のあるDjurgardenへと向かいました。

学校が休みなだけあってたくさんの人で賑わっていました。

日本の遊園地のような絶叫マシーンなどはほとんどないけれど、ストックホルムっ子の短い夏の憩いの場になるのです。
glönnalund 1

glönnalund 3

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
yoshiさんの頁で住宅事情を拝見したところです、とっても参考になりました。海外ロングステイでは、良い家が見つかるかどうかが決め手になります。ハイシーズンの三カ月だけ、家具付きの家を借りようとすると、通常の倍の家賃になってしまいます。住まいは基本ですので家や部屋は、多くのことを語りかけてきます。キッチンの使いかって、ベランダや庭のあるなし、ロケーション、騒音、交通の便・・・上げていたらきりが有りませんが、滞在中の窓からの眺め、山や河、街並みなどの景色はよく思い出します。窓を開けると隣のビルなんてのは最悪です。100年前のアパートが7000万円、すごいですネ。  yoko
2006/06/08(Thu) 01:35 | URL | yoko | 【編集
ストックホルムの夏のシーズンは市内にあるホテルなどは値下がりします。また、アパートも住人などは別荘やバケーションのために海外に出かけるため、比較的お手ごろな値段で借りることができますよ。
ストックホルム群島にあるホテルや別荘などは軒並み値段が上昇します。

参考になればよいですが。
2006/06/13(Tue) 04:02 | URL | Anika | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。