スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移民であること
今日、なんと学校で大泣きしてしまいました。
もちろん、生徒の前ではありませんが、職員用のカフェテリアで。

現在、私が勤務している高校は私がスウェーデンに来てからすぐに採用されたので、4年近くになります。
日本語を選択する生徒は、とかく優秀な生徒が多く、また、日本語を履修していない生徒たちも、素直なスウェーデン人が多かったので楽しく仕事をしていました。

が、去年から少しレベルの低い生徒たちも受け入れ始めたところ、私に対しての嫌がらせが、出てきました。
言葉の暴力ですね。
分けの分からない言葉を投げつけてくる、わざと「中国人だよね」などといってくる。
こういった程度の低いことを言う生徒は、もちろん日本語なんて履修不可能ですし、英語、数学、化学、物理など他の科目も赤点レベルです。
また、バックグランドは中東出身。アジア女性を低く見ている両親から、育てられているわけですし、また自分たちも中東出身と言うことで、将来はあまり明るいものではない。それらの鬱憤を、私にぶつけてくるわけです。
生徒同士のいじめは、基本的にありません。
けれども、教師に対しての嫌がらせは罰則規定がないし、また教師は法律で生徒に対して反論をすることも、もちろん体罰を加えることは堅く禁止されています。
これが、生徒から暴行を受けて正当防衛だとしても、認められないのです。

今日まで、我慢してきましたがもう限界。
「仕事を辞める」とまで校長に告げました。
けれども、校長を始め、同僚たちも引き止めてくださったし、私の生徒たちはみな優秀な上に素直。慕ってもらっていると言うこの上ない状況なのに、途中で投げ出すなんていけない。。。

私は日本人としてプライドを持っています。
きちんとした教育を受けさせてもらい、社会体制も問題点はあるにしろ、整っている。
その、Identityを侮辱されることは、本当に許せないこと。

いつか、教師の仕事をやめたら仕返ししてやる!なんて。










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当に悲しい出来事ですね。
私も海外にいるとき暴言を吐かれたことがあります。
その時ものすごく悲しい気持ちになったことをいまだに忘れません。
スウェーデンは体罰に厳しいんですね。

最低限のルールは確立させておくべきだと思います。
頑張りすぎず頑張ってくださいね!
日本からAnikaさんを応援してますから!!
2006/10/07(Sat) 05:48 | URL | コズモ | 【編集
コズモさんへ
生徒たちは教師が、反論できないことを知っています。
だから、つけあがるんですよね。
私は中東に住んでいたときに、絡まれたりしたときは、散々言い返して戦うことが出来ましたが。今は状況が違うので、歯がゆいです。

応援してくださってありがとうございます
2006/10/09(Mon) 01:06 | URL | Anika | 【編集
秘密のメッセージありがとうございました。
授業を取得してくれている生徒たちは、優秀な生徒が多いですし、日本に興味を持ってくれているので、問題が無いのですが、「落ちこぼれ軍団」たちが、廊下などで絡んでくるのです。
Mentorや校長とも話をしましたし、生徒を一人一人捕まえたりして話をしましたが、その場では反省したそぶりをしますが、また元の木阿弥。
一対一で話をするときは、きちんと話を聞くのですが、集団になると自分たちの力を見せ付けたくなるのか、同じことの繰り返しになってしまいます。
人間なのだから、向上心を持って、良い方向に向かうように最大限の努力を図っているつもりですが。


負けず嫌いな性格ですし、本当は言い返したいことが山ほどあるのですが、それは問題になる。

例えば宿題をしてきてない生徒などに、言い聞かせたり、親と話をしたりすることは、Pedagogyとして認められていますが、私のようなケースとは異なりますよね。。。

我慢はしたくありませんが、どのようにしたらいいものなのか。。。

嫌な思いをするから、お給料がもらえるとコメントいただきましたが、差別も含まれているとは思えません。

また、仕事をいい加減にこなしているつもりも全くありません。

このような状況での改善策があったら是非、お教え願いたいです。。。





2006/10/09(Mon) 01:24 | URL | Anika | 【編集
コメントありがとう
エラーが出てコメントできないので私のブログにお返事を載せました。
2006/10/09(Mon) 08:35 | URL | さよこ | 【編集
はじめまして。anthonbergと申します。私はお隣の国デンマークにいますので、Anikaさんのおっしゃる事がとっても理解出来ます。残念ですが確かに中近東出身の人達、特に男性でしょうか、とってもルーズで勉強する気はないですよね。私は夫の仕事の都合で現在ホイスコーレにいるので色々な国の人を見ていますし彼らに対して同じように感じます。中近東の連中に何を言われても、彼らが原因で辞めてしまうのは絶対に惜しいです!反論じゃなければいいんですよね。どの範囲で生徒に説明出来るのか校長に聞く事が可能でしたらその範囲でまず実践されてはいかがでしょうか?デンマークでは生徒も先生も平等なので結構注意しています。ちょっと違うんですね、スウェーデン…。
長くなってすみません。応援しています。
2006/10/09(Mon) 22:59 | URL | anthonberg | 【編集
anthonbergさんへ
デンマークは移民の受け入れが厳しいそうですね。
スウェーデンも基本は講師と生徒は平等です。
ただ、言われた内容に対して同じようなことを言い返すことはできません。身体、出身などに関しての発言は禁止されていますので。
学校法といじめ対策の組織にもきちんと記されています。
デジカメで一人ずつマークして、両親呼び出しを掛ける予定です。
ただ、家まで来られたり後ろから刺されたら困る。。。
2006/10/10(Tue) 04:06 | URL | Anika | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/10(Tue) 16:42 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。