スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後。。。
学校での状況ですが、少し落ち着いてきています。
来週、三者面談があるというのも彼らを静かにさせている理由のひとつなのだと講師たちは見ています。
スウェーデンでは、子供の言うことを親は信じます。自分の子は大変いい子で、悪いことなんてするはずがない。私たち講師が間違った見解を持っていると。
これは、スウェーデン人の親も移民の親もほとんどそうです。
以前、新聞で読んだのですが、スウェーデンは共働きがほとんどで、「親は子供に嫌われたくないから、しつけなどは学校でしてくれることを期待する。」
この点が私には理解できないけれど、今は日本もそういう傾向があるのですか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>子供の言うことを親は信じます。自分の子は大変いい子で、悪いことなんてするはずがない。私たち講師が間違った見解を持っていると。

「自分の子に非はない!」って思っている保護者は、スウェーデンのみならず、イギリスにもいるし、きっと日本にもいるはず。時々厄介なことに、家と学校では態度が違うっていう子もちらほらいます。

しつけが出来ない親が増えているのも万国共通。私のアメリカにいる友達も最近同じこといってたなあ。ただ、「しつけは学校でして欲しい!」なんて思ってくれるだけ、まだスウェーデンの方がましだよ。イギリスでは、特に中学・高校では、「先生、しつけについてぐちゃぐちゃ言う前に、資格試験を控えているんだから、教科しっかり教えてよ!」なんていう保護者も結構いるらしい。

日本なんて、最悪よ!私は大学・大学院が教育学部だったから、友人や知人に教師が多いんだけど。彼らの話を聞いていて、「私は日本で教師できないというか、やりたくない!」って思うことがしばしばあります。

日本の場合少子化に伴って、子どもに甘い保護者が増えているみたい。(しつけは必要ないって思っている親も時々いるみたい。)ゆとりの教育と放任教育を履き違えている保護者がいっぱいいて、生きていくうえで大切なことを教えていないと思うこともしばしばあります。このままでは、日本の将来が危ういじゃないのって思うことがよくあります。

それに、日本の場合、法の拘束力が、西欧諸国やアメリカほど、強くないし。裁判に持っていったりすることも、命にかかるような深刻なことじゃない限り無理みたいだし。日本で教師をするのは、並大抵じゃないわ。
2006/10/20(Fri) 08:04 | URL | kobuta | 【編集
私には子供がいないので、外側からでしか判断出来ないのですが『子供の事を信じて先生の話を聞かない』のはスウェーデンであろうと日本であろうと問題だと思います。
Anikaさんの状況、とても大切な事を語り合える問題でもありよく夫と話をしています。
夫曰く、一人の先生が子供の事をあれこれ言ってもそれは先生と生徒一対一の事なのでどちらにも非がある可能性があるけれど、2人以上の先生が子供の行動に問題があると言えばそれはシリアスな問題だろうと言っています。
実は私も高校時代良く先生に怒られていて母にも電話して注意していました。
私の場合、学校の規則違反に対して(髪型が悪いとかスカート丈が違うとか)だったので母は真剣に受け止めていなくて先生と不仲でした。(苦笑)
Anikaさんの問題は差別が出て来る話なので深刻ではある話だと思います。
ムスリムの子供達に人間みな平等、差別はしないと教えても親はそう思っていなかったらなかなか改善出来ない問題だと思うんですよ…。
日本も凄いですね。先生が生徒をいじめてしまう時代。恐いです。
2006/10/21(Sat) 02:48 | URL | anthonberg | 【編集
日本の教師の苦悩
日本の教師がたいへんだと思う理由は、教師は生徒の行動が悪くても(教師に暴力を振るったり、悪口をいったり、授業妨害をしるなど。)、簡単に叱ったりできないってことです。前にも書いたけど、子どもを甘えかす保護者が増え、子どもは家で叱られたことがあまりないから、教師が少しきつい目に叱ると、子どもは教師にいじめられた気がするそうです。そして、子どもは家に帰って、「教師にいじめられた!」なんて言って、子どもの言葉を鵜呑みにした保護者は校長に強気で抗議してくるらしい。保護者は、事実を確認するなく、「お前の学校の教師は、家の子をいじめた!教師としてはけしからんやつだ!教育委員会に訴えてやるぞ!」なんて言うらしい。結局、校長も教師も問題を大きくしたくないから、子どもの行動は注意しないで、保護者に謝罪するなんてこともしばしばあるらしいです。(こんなことイギリスじゃ考えられない。、もし保護者が冷静に会話に応じない場合は、事実をはっきりさせたうえで、学校や教育委員会は交渉するだろうし。それにもし、保護者が間違っていた場合は、保護者は学校側に謝罪しないといけないし。それから、保護者の態度が脅迫や侮辱を伴ったケースである場合、裁判になることも十分ありえるだろうし。)日本の先生は本当に大変だよ。
2006/10/21(Sat) 14:25 | URL | kobuta | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。