スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒッチハイク
今日は4年間待ち続けた病院への診察の日。(本当にスウェーデンって福祉の国なんだろうか)
この病院がストックホルム市内から1時間弱かかる田舎の真ん中にあるのです。
スウェーデンの電車も時間通りになどくることはありませんが、今日は30分電車が遅れ、15分間隔のバスに早く出発され踏んだりけったり。
それでも早め早めの行動を取る私はアポイントの時間にきちんと間に合いました。よかった。。。一時間早めに早めに家を出て。

さて、帰りは大雨が降る中、病院からバス停に向かって走ったところ、またもバスの運転手時間より早く出発してくれた。。。

仕方ないので病院に戻ってお茶でもしようかと歩き始めたところ、一台の車が私の横に。
スウェーデン人のカップルだったのですが、「駅まで乗せていってあげるわよ!」とのこと!
はい。もちろんお言葉に甘えて駅まで連れって行っていただきました。

散々な一日だったけど、いつもどこかで人の温かさに触れられることのほうに感謝です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
福祉の国ではあるけれど想像しているよりはすべての人に十分に行き届いている感じはしないですよね。風邪程度では診てもらえないですし…。日本人が『病院に行かなきゃ』と思うのはすぐ治さなければという気持ちがあるからで、こっちの人達堂々と仕事休みますからね、1週間くらい。(苦笑)
私もヒッチハイクした事あります!
カップルに限ります。男性ばかりの時は正直どうなるか不安でした。(^^;;;
2006/10/23(Mon) 12:41 | URL | anthonberg | 【編集
分かります。風邪で一週間平気で休みますよね。スウェーデンは一日目が無給で2日目からはお給料の80%が支給されます。これが7日間続き、その後は医者の診断書が必要なので、一日だけ出てきてまた病欠。日本にいたとき38度ぐらいの熱では仕事をしていた自分がなんだったんだろう、と考えさせられます。
逆ヒッチハイク(笑)楽しかったです。でも、自分からは勇気が無くてできません。でも、一度タクシーを止めたつもりで乗り込んだ車にメーターがついていなかったときはちょっとまずかった。結局、家まで送ってもらいましたけれど。。。
2006/10/24(Tue) 03:02 | URL | Anika | 【編集
すっごいわかりますー。休んでもお金が出るからって休職も簡単にしてしまいます。代わりを雇うと言ってもいつ復帰するかわからない状態だし雇い主は大変だろうなと思います。
ヒッチハイク、私もタクシーだと思って乗ったら違ってて怪しい人で危ない思いをしました。(汗)ホテルまで着いたら逃げましたが…。自分からのヒッチハイクはカップル、家族連れが一番安全だと思います。でも自分からする時ってよっぽど大変な時だけですよね。
2006/10/24(Tue) 06:39 | URL | anthonberg | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。