スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか難しい・・・
うーん、ここのところ少し暗いニュースばかりなんですが・・・
実は、私が日本で研修を受けている間に、お仕事のスカウトが来ていました。それはスウェーデンにある就職サイトを使ったものだったのですが、日本では私はうっかりしてそのサイトのログインとパスワードを持っていかなかったため、チェックしなかったのです。

こちらに戻ってきてからログインしてみて慌てて連絡を取ったものの後の祭り。そうですよね、締め切りが12月15日だったのに私が連絡したときには、もう別の人に決まっていました。

本当に残念。そんなケースが2回もあったので、落ち込み気味です。今の仕事も楽しいけれど、やっぱりいつまでもチャレンジ精神を忘れてはいけないと思っています。苦労の連続になろうとも、いつもExplorerの私としては、どちらの仕事も興味があった・・・

また、やっぱり同じような職についている人同士で助け合うというよりは、その中での競争が激しくて・・・

ストックホルム近辺ではたくさんの日本人女性がいて、その中で就職を得るための熾烈な戦いが繰り広げられています。

私の世代はいつも競争を強いられていた世代。幼稚園から始まって、大学にいたるまで。また、就職戦線もそうだった。

競争好きではあるけれど、だんだん疲れてきてしまっている・・・
いつになったら安住できるのでしょうか。

うーん難しい・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大丈夫?
そうですか、ちょっと不運続きだったんですね。
私の場合は言葉が出来ればこっちでも仕事が見つかる介護系なので
その後の心配はそんなにしていないのですが、Anikaさんの場合は
挑戦する気持ちから競争の世界に足を踏み入れざるをえないのでは
ないでしょうか?
ストックホルムは都会ですし、スウェーデンは職業難だと聞いています。
(実際私のスウェ人の男友だちは職を失ってしまった…)
そんな中で海外から来た人達が仕事を争う事になるのは
当然なのかもしれませんよね。

ご自分で同じ会社で同じ仕事をずっとやっていこうと思えば安住になるかも。
でも満足行かなければ動くしかないですものね。
競争をすればする程辛い事もあると思いますが、チャレンジをする事で
色々な人にも出会えるし色々な経験も出来ると思います。
同じところでずーっと仕事する事だけが必ずしも良いとは思えませんし
ご自分の満足出来る環境を目標に頑張って下さいね。
2007/01/20(Sat) 11:58 | URL | anthonberg | 【編集
anthonbergさんへ
うーん。いつもいつも心温まるメッセージ、和まされます・・・
数少ない仕事を同じような目的を持った人たち同士での就職戦線になるのですから、激しくもなってしまいます。
より良い職場になるとは限りませんが、チャレンジすることを止めてしまったら、自分の水が濁ってしまう気がしてしまうんです・・・
今ある仕事で満足してしまうのって、どうなんだろうと。
教師と言う仕事、やりがいがあるけれど自分の幅が狭くなっていくような気がして怖いんです。生徒に恵まれ、同僚に恵まれ贅沢な話ですよね。
2007/01/24(Wed) 12:22 | URL | Anika | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。