スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュッセルドルフ 2 Colonge
2日目にはケルンに行きました。
電車で30分ぐらいかかるとのことだったので、カプチーノを飲みながらなんて悠長なことを考えていたら、切符の日付を刻印する機械が見つからず、走り回ってしまいました。格好悪い・・・
何とか間に合って、ホームで待てども電車は来ない。ドイツ語で放送があるんだけれど、全く分からない。
隣に立っていた男の子に聞いてみると、20分ぐらい遅れるとのこと。
あー・・・
まあ、ケルンでは大聖堂だけ見て、かえって来るつもりだったので、多少の遅れは問題なし。

ところが・・・結局このときに言葉を交わした男の子とケルンまでの道中、ずっと話で盛り上がり。彼はケルンに住んでいる彼女に週末に会いに行く大学生。その彼から、僕と彼女でケルンの観光ガイドをするよ!との申し出が!せっかくの週末デートを邪魔したくないから、と丁寧にお断りしたのだけれど、「大丈夫大丈夫!」の言葉に甘えて、結局ガイドをしてもらいました!
彼らはケルン大聖堂の上に登ることには興味が無かったみたいだし、彼はひとまず、彼女のうちに荷物を置いてきたいとのことだったので、1時間後での待ち合わせ。

私は高いところがあると登らなくては気がすまない性質なので、がんばって登りました!あいにくこの日は嵐だったので、塔の中の螺旋階段は問題なかったけれども、塔の外の鉄骨階段が怖かったです。飛ばされるかと思った・・・


duss3

duss4


ふらふらになりながら、待ち合わせ場所に戻って彼らを待っている間に、前日に日本のパン屋さんで購入していた(そう、デュッセルには日本のパンが買えるんです!)コロッケパンにかぶりついていました。

そこへニコニコとかわいらしいカップル登場!彼から想像していた通り、彼女も素敵!また、彼女はドイツ人にしては流暢な英語(失礼!)を話す!よくよく聞くとカナダに高校生のころ留学していたとのこと。


duss5



duss6

duss7


二人のおかげで、ガイドブックを持っていなかった私でも、たくさんのことが分かったし、またガイドブックには載っていない情報も!
博物館などの入場料なども支払ってくれたんです!彼らが大学生なので、私も学生料金。

お礼に一休みしたときのお食事代は持たせてもらいました!
結局ケルンに、夕方6時過ぎまでいました。
楽しい出会いは本当に旅の醍醐味!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。