スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コマーシャル撮影
やっぱり、変なことさせられました。
悲しい

お母さん役だったのですが、初めに聞いていたのは、小学生低学年とのことだったので、引き受けたのですが、中学生のお母さんまで担当。

私、子供おりませんです。

今回は、きちんと日本の家庭が設定ということだったのに、???がたくさんあることをさせられました。また、私の夫役の方、私の父と言っていいお年頃。設定としては、私は家事を一切しないからスウェーデン人のお手伝いさんを雇う、というものだったから、おそらく私はお金に目がくらんだ、後妻のようです。

衣装も私と姑役だった方は絶対、こんなの日本人は着ない!!!というもの。男性人はスーツだったし、子供たちはこぎれいな格好なのに。

かなり、私も強く言ったのだけれど、ディレクター、断固として、意見を曲げませんでした。悔しい!

よって、演技をする力を失い、かなりいい加減になってしまった。
でも、日本人が一番よく分かっているのだから、意見は聞くべきだと思いませんか?

以前、ここでWokのコマーシャルを放映していたときも、日本の侍と言う設定だったのに、話されている言葉はなぜか、中国語。
しばらくしてから、声だけ日本語にふき替えられました。

どこにいってもステレオタイプの人っていますよね。

今回のコマーシャル、早く放送が打ち切られますように。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。