スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北関東地震
日本の皆さま・またご家族や友人が日本にいらっしゃる海外在住の方々



このたびの未曾有の大地震に、NHK海外放送やBBCを見ながら、胸が張り裂ける思いです。

心よりお見舞い申し上げます。

余震が続いているようですし、放射能汚染の可能性もあるとのこと、くれぐれもご注意ください。

幸いなことに私の唯一の家族である妹は無事でした。日本時間の最初の地震発生のニュースをランカウイで地震速報で知りました。そのときはM7.2と報道されていました。津波警報も出されていて、海岸沿いの映像が映し出され避難をされている方々の様子を確認したので、またプールとビーチに出て行きました

その後、レストランへ行ったときに、そこのドイツ人のオーナーが津波のことを話していました。
テレビはBBCが映し出されていました。
私は、そのときまで大きな地震震源地が4度もあったこと。そのひとつがM8.9だと知りませんでした。

映像で映し出された恐ろしい光景。

すぐに妹に携帯で連絡を入れました。繋がりません。何時間もかかってやっと連絡が取れたときの安堵感はひとしおでした。

彼女たちの家は大きな被害はなく、いくつかの食器類が破損してしまっただけ。
不幸中の幸いです。
妹によれば、親戚の方々もみんな無事とのことでした。
親戚はみな首都圏に住んでいます。
友人たちも首都圏に住んでいて、無事の確認が取れました。

ただ、大学生のころの友人たちの中で地方から出てきていた東北出身の彼らとは、いまだに連絡が取れていません。

ランカウイの旅行は、結局私の非常連絡網と夫君のスーパーEmergencyの仕事のために、お互いがPCに向かい合うという状況に。

Facebookのおかげで連絡も取りやすくなっていると、私は感じています。



被害に遭われた方やその御家族の皆様、お辛いことと思います。

心持ちを強く持って、力をあわせて、このたいへんな局面を乗り切っていただきたいです。

応援しています。
スポンサーサイト
テーマ:伝えたいこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。