スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマス
スウェーデン語ではJul(ユール)といいます。
他のヨーロッパ諸国に負けず劣らず、一年のうちでの最大イベントです。プロテスタントの国でありますが、このときとばかりに全てのお店が閉店。セブンイレブンも閉店。
町の中は静まり返ってしまいます。田舎に帰省するのでしょうね。日本の東京のお盆のようです。

クリスマス商戦が白熱して大変なことになります。
それなら、早めにプレゼントを購入しておけばいいのに、と思われるでしょうが、そうはいかないのです。

なぜなら、クリスマスプレゼントでもらったものを、Oppetkopと呼ばれる期間内で交換できるのです。

はい、ここでスウェーデンらしさが出てきますねえ。
気に入らないものをもらったり、同じようなものをもらってしまった人たちが、クリスマス後に長蛇の列となっております。

また、クリスマスセールも始まるので、お値段も下がりその分の返金を求める人もいるらしいです。

スウェーデン人ってロマンチックと言う言葉は当てはまりません。現実主義者ですよ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。