スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語クラス
今日は私が担当しているKomvuxという成人向けの高校レベル教育機関での日本語クラスの最終日でした。

スウェーデンではSkolverketという機関が学校教育においての統括管理を行っています。外国語を学ぶときにもスウェーデン語を用いて学ばせるように約10年ほど前から施行されています。なぜなら、直説法だと理解させるのに時間がかかり、スウェーデンで到達レベルとされているラインまで追いつかなくなってしまうためです。

私たちがスウェーデンでスウェーデン語を学ぶときは、もちろん直接法。当たり前ですよね。いろんな国から移住してきている人がいるのだから。

日本で日本語を学ぶときも直接法。共通言語が統一されていないのだから、当然です。

ただ、スウェーデンの高校レベルでは、共通言語であるスウェーデン語を用いて勉強させるのが基本です。
問題点としては、日本語スウェーデン語間の教科書が希少なため、英語の教科書を使いながら、説明はスウェーデン語で行うと言う形になります。

直説法はある程度まで、レベルが上がってきている段階で少しずつ用いて行くようにしています。初級から直説法は日本に住んでいないスウェーデン人には、理にかなっていません。

まあ、8月から始まっていたコースが終わり、成績をつけて無事に終了しました。その後、みんなで「きままラーメン」へ。
初めてラーメンを食べる生徒たちも何人かいましたが、みんな上手に箸を使って食べていました。もちろん、音は立てずに。実は私も麺類をいただくときに、音が立てられません。なので、外国で麺類をレストランでいただくときには好都合。ただ、日本ではよく、友人たちに不思議がられていましたが。

生徒たちが私の食事代をご馳走してくれました。なんだか、嬉しいです。感謝の言葉もたくさんいただいて、胸もいっぱいお腹もいっぱいになって、ポカポカ気分です。


ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
blog ranking1

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。