スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデン語の勉強
スウェーデン語の勉強、辛いです。。。発音は少しずつできるようになってきたかと(?)思いますが、イントネーションが。。。

スウェーデン語を勉強したことのある人ならおわかりいただけるかと思うのですが、スウェーデン語は大変抑揚が激しいのです。なので、スウェーデン人が話しているのを外国人が聞くと、まるで歌を歌っているかのよう。

だから、スウェーデン人が英語を話すときも、なんだか子守唄のようになるのです。

私のような関東出身でアクセントがない人間には、スウェーデン語のアクセント不思議でたまりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その通りですね。Swe人はすごい抑揚が強いです。先週ずっとSweのお客さんと話していたのですが、特に南部の人はすごかったです。Stockholmの人いわく、南部はほぼデンマーク人でSwe人ではない、なんていうジョークも言ってました。ストックホルムとイエテボリは日本でいう関東vs関西らしいですね。Sweも大きな国なのでそういう地方性が豊かで面白いです。
2006/01/20(Fri) 11:33 | URL | TheNetherlands | 【編集
分かっていただけて嬉しいです。スウェーデン南部の人たちはスコンスカと呼ばれ、ストックホルム人には馬鹿にされています。。。デンマークの一部だから仕方ないよ、なんていわれていますし。
確かに南部の方が訛りがきついです。私、スコンスカ全く理解できません。実は(笑)。

恐ろしいのは、スウェーデン人が英語教師として日本や韓国、南米などで英語を教えていると言うこと。あの独特のイントネーションで教えられるのですからね。。。
実は私もスウェーデン語を学んだ後、英語Nativeと英語で話すとき、笑われるようになりました。なざなら、スウェーデン語訛りの英語を話すようになったらしいです。。。

オランダ人はきれいな英語を話しますよね。
2006/01/21(Sat) 12:44 | URL | Anika | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。