スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病欠
スウェーデンの法律では、Sjukskrivning(病欠)が保障されています。
風邪などでも、適用され有給休暇を使う必要がありません。病気になった初日は「カレンスダグ」と呼ばれ、無給なのですが、その後6日間は医者の診断書がなくても80%のお給料が支払われます。

この一週間を過ぎると診断書が必要になります。

日本で勤務していたときの就業規則によると、病欠は6ヶ月間100%のお給料が支払われていました。その後、80%で半年間など。
そう考えると、スウェーデンの福祉、それほど素晴らしくないんじゃないかな、と感じます。

私は今回、10日間の診断ですが、とても元気なので仕事に復帰を早めにしようと思っていますが、その話をすると、スウェーデン人の大半の人に驚かれてしまいます。
「Sjukskrivning」はExtraの有給休暇なのだから、ゆっくりしたほうがいいよ!とのこと。

でも、退屈です。。。

このときとばかりに、大学の勉強に集中すればよいのだろうけど、なぜかだらけてネットサーフィン三昧。

新しいランプが欲しいなあ、と思って見ていたら、以前私が使用していたものが、日本のサイトに載っていました!驚きです。

ドイツのデザインと機能性は、スウェーデンでも結構人気があるんですよ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本そのものは高福祉国家じゃないですけど、企業がそれをやってくれますよね。まあこれも大企業に限った話で、中小さらには零細になると厳しいですが。
ドイツ製、フランス製、イタリア製。どれも人気ありますけど、イギリス製品が人気があるという話を聞いたことがありません。。。(笑)
2006/02/04(Sat) 12:54 | URL | いちろう | 【編集
初めまして。最近スウェーデン人の友達ができたのでス情報ないかなー、とブログを探してたらこちらにたどり着きました。かわいらしいブログですね。そしてかなり活動的な方っぽくてすごいな、と思いました。ご病気されていたみたいですが大丈夫でしょうか?回復されるのを祈っています。またよらせてもらいますね。
2006/02/07(Tue) 05:26 | URL | コズモ | 【編集
いちろうさん。
そうですね。けれども、日本では区役所などでも無料の検査など一年に一回など受けることが出来ますよね。スウェーデンには、そんなものはありません。企業に勤めていると、2年に一回、血液検査、血圧の検査だけ受けられます。日本は人間ドック、30歳から受けられますよね。。。
スウェーデンは病気の予防などという考えはないようです。ひとたび、病気になれば面倒を診てもらえるようですが、それって嫌じゃないですか?
イギリスデザイン、有名ですよ。私の食器はPomonaです。ちょっと重たい感じはありますが。(笑)

コズモさん、初めまして。はい、活動的です。(笑)冬が長いので、活動的にならないと、冬眠し続けてしまいそうなので。。。
お心遣いありがとうございます。来週から仕事復帰します。ヨガのコースも始めます。2回も行けなかったので、ちょっぴり不安。。。頑張って追いつかないと!また是非、遊びに来てくださいね。
2006/02/10(Fri) 17:31 | URL | Anika | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。