スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出
外国に住んでいると、日本の良さが身に染みてきます。
確かに問題点はあるのだけれど、住み易さは世界で一番だと思います。

病気になってみるとつくづく感じました。日本の医療の高さなども。

ここでの教養がある方たちにはよく言われます、「なぜ日本を離れたのか、あんな素晴らしい国はないだろう」と。そうですよね、普通は暮らしやすさを求めて、より快適な国へと移っていくのに、わざわざ日本より劣る国に住む必要はないですよね。

今、本当に日本が恋しくてたまらないのだと思います。

そんな中で写真を整理していたら、10年前にお付き合いさせていただいていた大好きだった彼の写真がでてきました。未練がましいのかも知れないけれど、彼のものだけはどうしても捨てられません。ちょうど10年前のドラマ「愛しているといってくれ」を今見ているので、そのころの彼との思い出と重なって想いがあふれ出てきてしまいます。

彼とお別れした後も、何人かの方とお付き合いさせていただいたけれど、本当に自分から心から好きになれた相手は彼しかいませんでした。

人は一生の間に何度本気の恋をすることができるのでしょうか。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
なんだか、せつないな~。
私も日本が恋しい!

でも本気の恋って、何なんだろう・・・。
私はいつも、ないモノねだりなだけ。
大好きな夫と一緒に暮らしているのに、時々すごく孤独~を感じたり・・・!


2006/06/16(Fri) 19:11 | URL | mariposa-ar | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。