スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデンの郵便
スウェーデンでは郵便サービスが民営化されてから、しばらく経っています。
スーパーなどと契約し、より良いサービスを提供するようになっています。
けれども、郵便受けに入らない大きな郵便物や小包などは、自らそれらのテナントに取りに行かなければいけません。
これが、とっても面倒なのです。
日本だったら電話などをして家に直接届けてもらえますよね。

日本からEMSで送ってもらっているのに、それでも自分で郵便物を引き取りに行かなければいけないのって、腑に落ちません。

また、スウェーデンは税関が厳しく、私は2度ほど中身を調べられ、関税を掛けられました。中身は化粧品だったのですが、ここではそれらのものは25%のVATが掛かっているので、もちろんその分に手数料、また送料にもVAT。結局中身のものより、税金の方が高くなってしまって涙でした。。。

これらの高い税金、正しく使われているのだったら仕方ないと思えるけれど、???が多すぎて「これでいいの?」ということがたくさんあります。

先日、こちらのSvdという新聞に載っていたのですが、毎年日本人が15000件分のホテルルームを消費しているとでていました。これらはツーリストを含めているのではなく、視察だけのものです。
日本ではスウェーデンは高福祉で学ぶところがたくさんあると、考えている組織がまだ大多数です。
でも、それは私からすれば、大きな間違い。

うわべだけではなく、実際のスウェーデンの福祉というものを理解して欲しいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。